効果的な洗顔方法

Comments are closed Permalink

ニキビケアでの重要な点はやはり洗顔にあると思われます。

日課として行われる事だからこそ、ニキビケアの面でも正しい洗顔方法を取得しなければなりません。

そこでニキビケアで効果のある洗顔方法をこちらで見てみましょう。

そもそも浅学は過剰な皮脂の分泌を流して余分な角質を取り除く効果があるためニキビ予防には欠かせないものなのです。

最初にご自身が使われている洗顔料を見直してみましょう。

ニキビに良い条件は弱酸性である事。

低刺激で着色料や香料等の添加物が入っているものは避けます。

私たちの肌は元々弱酸性のため、弱酸性であるとPH値を乱さず、黴菌も繁殖しずらいためです。

元からニキビ肌の人にはスクラブ入りの洗顔料は避けるのが無難です。

そのザラザラが肌を傷つけ、更に悪化させてしまう恐れがあるからです。

まずは34~38度ぬるま湯で下洗いします。

温すぎると皮脂や汚れが落ちず、熱すぎると逆に皮脂が落ちすぎて肌の潤いが失われて乾燥してしまうからです。

しかし乾燥肌の方は30~34度位が丁度良いので、個々にお湯の温度には日頃から気をつけて下さいね。

次に洗顔料を手に取りたっぷりと泡立てて下さい。

泡立てる事で細かな粒子が毛穴に入り込み、ニキビの原因となる余分な皮脂や汚れを取ってくれるのです。

ここで大事なのは擦らずに優しく洗う事です。

直接肌に触れないように気をつけましょう。

ニキビケアだけに限らず当たり前の事ですね。

最後に残りの泡が残らないように丁寧に野菜くすすぎを行なって下さい。

せっかく丁寧に洗顔をしても、洗顔料が残っている事は新たなニキビの原因となります。

基本的には洗顔の倍時間をかけてすすぐのが良しとされています。

その後は清潔なタオルで水気を拭き取ります。

この時もゴシゴシせずにポンポンと軽く肌に触れるように拭きましょう。

ニキビケアの基本は「とにかく肌をいたわる事」です。

日頃からのニキビケアが今後のあなたの肌を左右すると言っても過言ではないでしょう。