メラニンからお肌を守る

Comments are closed Permalink

紫外線が原因で大量に発生するメラニンは、お肌のシミにとって大敵であることはよく知られています。
もちろん、適量のメラニンは人の体にとって大切な働きをしていて、もしもメラニンがなかったら、人の肌は紫外線から実を守ることができずに皮膚がんになりやすいといった悪影響をもたらします。
しかし、紫外線を大量に浴びた結果、過剰にメラニンが作られたり、お肌のターンオーバーがうまくいかずに不要になった多量のメラニンがお肌にいつまでも居続けてしまうと、お肌はだんだんと黒ずんでいき、ゆくゆくはシミとなってしまいます。
ですから、シミにならないようにするためには、紫外線対策をきちんとして、できるだけ紫外線を浴びないようにすることでメラニンの過剰分泌がおこらないよ うに気をつけるとともに、お肌の新陳代謝をアップさせて、お肌に居座っている余分なメラニン色素がお肌に沈着しないように気をつけましょう。
そうすることで、いつまでも白い美しいお肌を実現できます。